2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

地域包括支援センター係

読谷村地域包括支援センター

地域包括支援センターは、高齢者やそのご家族のための

「総合相談窓口」です。

 

いつまでも住み慣れた地域で、健やかで、安心して暮らせるよう、

お気軽にご相談ください。

 

地域包括支援センターは、「保健師」「社会福祉士」「主任ケアマネージャー」などの専門職が

連携し、高齢者やご家族を支援します。

 

            電  話:098-982-9234  F A X:098-958-4125

            場  所:読谷村役場1階 健康福祉部 福祉課内

                 (沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2901番地)

            受付時間:平日 月曜日~金曜日の8時30分~17時15分まで

                (祝祭日・慰霊の日・年末年始を除く)

 

地域包括支援センターでは、このようなことを行なっています。

介護予防マネジメント (介護予防を推進します!)   

保健師、看護師、社会福祉士、介護支援専門員など

の専門資格持つ職員が相談に応じ、高齢者が自立

して生活ができるよう支援します。

・要支援1・2と認定された方の介護予防ケアプラン

 を作成します。

・要介護・要支援になるおそれのある方の介護予防

 ケアプランを作成します。

介護予防・日常生活支援サービス総合事業一覧20211001.pdf

 

 

高齢者の総合相談・総合的な支援

(様々な相談に対応します!)

高齢者やその家族、地域住民の方からの高齢者の生活全般

関するさまざまな問題解決のための相談窓口です。

お気軽にご相談ください。

  

 

虐待の早期発見・防止 (高齢者虐待を防止します!)

高齢者に対する虐待の発見・防止のための相談窓口を設置

しています。

「高齢者の虐待では?」と思われることを発見したときは、

お早めにご連絡ください。

 

【虐待の種類】

身体的虐待:たたく・殴る・蹴る・縛る など

心理的虐待:怒鳴る・悪口を言う・脅す・無視する など

ネグレクト(介護や世話の放棄・放任):

食事や水を与えていない・入浴をさせていない・部屋にゴミを放置している・病気を放置する など

性的虐待:本人との間で合意がなされていない性的な行為・その強要 など

経済的虐待:本人の合意なしに財産や金銭を使用する・金銭の使用を理由なく制限する など

権利擁護・成年後見制度 (高齢者の権利を守ります!)

高齢者の権利や尊厳を守るため、認知症などにより

判断能力の低下している方を支援します。

・悪質な訪問販売等による被害防止のご相談。

・「成年後見制度」の相談や、利用手続きの支援を

 行っています。

成年後見制度とは?

認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由により判断能力が不十分となった人が、財産管理や契約で不利益をこうむったり、人間としての尊厳が損なわれたりすることのないように、主に法律面で支援する制度です。

成年後見制度には、大きく分けて「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があり、どちらの制度を利用するにも、家庭裁判所に申立をする必要があります。

  

包括的・継続的ケアマネジメント

(適切なサービスを提供できるように支援します!)

ケアマネージャーへの支援や助言、主治医や地域の

関係機関との連携などを行い、充実したサービスが

提供できるように支援します。

 

認知症についての相談窓口

(認知症地域支援推進員にご相談ください)

認知症は、早期発見・早期対応をすると症状の進行が

穏やかになることが知られています。

認知症になっても住み慣れた地域で暮らせるよう支援

します。

 参考 認知症にならないための15ヶ条.pdf

認知症初期集中支援チームとは?

認知症専門医と保健師、看護師、社会福祉士(地域包括支援センター所属)

などの専門職で構成するチームです。

ご本人やご家族、地域の方、ケアマネージャーなどから相談を受けて、家庭訪問を行い、病院受診や介護保険サービスの利用などご本人ご家族を含めた支援を集中的に行います。

認知症高齢者等の見守り及び安全支援に関する事前登録

認知症により、道迷いなどで自宅まで帰れなくなることがあります・・・。

本村と嘉手納警察署は「認知症高齢者等見守り及び安全支援に関する協定」を結んでいます。

「行方不明者情報管理システム」に事前に特徴(顔写真・体型)を登録しておくことで、

迅速な手配・早期発見へ向けた行動に繋がります。

事前登録には、「ご本人」又は「ご家族」が同意していることが条件となり、嘉手納警察署にて手続きを行なう必要があります。

認知症高齢者の事前登録届出書.pdf 

  

救急医療情報キット

救急医療情報キットは、高齢者や障がい者の方の安全

・安心を確保する目的に「お薬情報」「健康保険証

(コピー)」などの情報を専用の容器に入れ、自宅に

保管しておくことで、万が一のとき、駆け付けた救急

隊員の迅速な処置に活用するものです。

  

 

 

こんなお困りごとはありませんか?

介護サービスを利用したい・・・

「要支援」「要介護」の認定を受けたけど、どうすればいいのかな?

介護保険以外にも、利用できるサービスってあるのかな?

 

最近、おじいちゃんの物忘れがひどくなって・・・

認知症の親の徘徊などで、目が離せない

 

足腰が弱くなってきて、リハビリをして元気になってほしい

母親が自宅で転倒し、家事や入浴ができないのでどうしたらいいのかな?

 家にいることが多いので、デイサービスなどで楽しんでほしい

一人暮らしで、物忘れもあり、お金の管理が不安・・・

悪質な訪問販売に困っている・・・

 

最近、あのおばあちゃん見かけなくなったけど、心配で・・・

近所から、おばあちゃんを叱る大きな声が聞こえているのだけど・・・

ご本人やご家族、地域の方々で悩みを抱え込まず、

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

地域包括支援センター係