2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

税務課

固定資産税の課税誤りに関するお詫び

 納税者の皆様、村民の皆様には、平素より本村税務行政にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 この度、税務課において行っております土地の現地調査にて、一部の土地について「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」の適用に関する課税誤りがあったことが判明いたしました。

 今回判明した課税誤りにつきましては、納税者の皆様並びに村民の皆様に多大なご迷惑をおかけするとともに、本村税務行政の信頼を著しく損なうことになり、深くお詫び申し上げます。

 課税誤りの内容につきましては、土地の固定資産税において「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」措置が正しく適用されておらず、税額を過大に算定していたものであります。

 現在、課税誤りの可能性がある土地について確認作業を行っており、課税誤りが確認できた方には、随時、お知らせをして、過大に徴収していた税額の還付作業を進めてまいります。

 今回の課税誤りを厳粛に受け止め、本村税務行政の信頼回復に向け、今後は、業務の流れを見直し、確認作業の徹底や土地・家屋の担当者間の連携強化を図り、再発防止に全力で取り組んでまいります。

 納税者の皆様、村民の皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

                                      令和3年4月16日

                                      読谷村長 石嶺 傳實

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

税務課 Tel: 098-982-9206