2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

読谷村福祉入所施設職員専用宿泊所設置のお知らせ

読谷村では、村内の高齢者・障がい者福祉入所施設職員を新型コロナウイルス感染症から守ることで、入所者の生活を維持することを目的として、福祉入所施設職員の専用宿泊所を設置しました。

 この事業は、福祉入所施設職員が同居する家族等からの感染リスクに不安があり、施設へのウイルスの持ち込みを避けるため、一時的に別居を希望される際に、村が借り上げた宿泊所を利用できるものです。

 宿泊所利用には条件があります。利用を希望される際は、読谷村役場福祉課へ連絡されますようお願い致します。

 

1 対象者 高齢者・障がい者入所施設の職員のうち、同居している家族等がいる方

 2 要 件 

 ア 施設職員の同居家族等が県外渡航した、若しくは県外渡航者と接触があり、感染の不安が

   ある場合(感染流行地域への渡航や、感染流行地域からの渡航者との接触等)

 イ 施設職員の同居家族等が新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となった場合または、

   濃厚接触疑いのある者と接触がある場合

 ウ その他村長が特に認める場合

  ※施設職員が濃厚接触者となった場合、または施設職員やその家族等が陽性となった場合は

   対象となりません。

  ※家族等の同居者がいるが、客観的な見地より、接触がない又は回避できるものと判断でき

   る場合は、宿泊所を利用できない場合があります。

 3 宿泊所 読谷村が指定する村内宿泊所

 4 宿泊期間 1~2週間程度

  ※宿泊期間中に、宿泊所利用職員が陽性となった場合、または濃厚接触者と判断された場合

   は、その時点で宿泊所を退去となります。

 (保健所の指示に基づき、自宅等での健康観察となります) 

5 利用者負担 1泊につき500/

 (素泊まりの料金となります。食費や消耗品等にかかる費用については自己負担となり、

  リネン等は調整となります)

6 申込方法 役場福祉課へ連絡をし、申請書をご提出ください。

 ※土日・祝日等、役場閉庁時は、宿直担当を通じご連絡ください。

連絡先 障がい福祉施設関係・・・障がい福祉係

      老人福祉施設関係・・・・・老人福祉係

TEL  098-982-9209

この記事は役に立ちましたか?