2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

健康推進課

新型コロナウイルス感染症家庭内感染防止宿泊施設確保事業のお知らせ

新型コロナウイルス感染症家庭内感染防止宿泊施設確保事業のお知らせ

  

1 目的

 新型コロナウイルス感染症の家庭内感染を抑制し、感染拡大防止を図ることを目的に、村が指定する宿泊施設の利用支援を行います。

 

2 利用対象者

  1. 村内に住所がある方で、新型コロナウイルス感染者が自宅療養となった場合に、個室隔離等が困難な濃厚接触者等に該当する方

  2. PCR検査の結果、陰性の方

  3. 発熱、倦怠感、せき等の症状がなく、体調の良好な方

  4. 宿泊施設で身の回りのことが自分で可能な方

※上記1)から4)のすべてに該当する方が利用対象者となります。

 

3 利用料

 ひとりあたり15,000円(税込)は村負担(超えた分は自己負担)

 ※超えた費用に関しては、宿泊施設に直接支払いとなります。

 

4 利用可能期間

 新型コロナウイルス感染者との最終接触日から最大10日間以内

 

※原則、飲食するものや着替えなどは、宿泊日数分持参してもらうことになります。

※事前に、役場へ申請の問い合わせがあった場合のみ、利用対応可能となりますのでご了承ください。

問い合わせ先

読谷村役場 健康推進課

健康づくり係 

電話 098-982-9211

このページに関するお問い合わせ

健康推進課 Tel: 098-982-9211