2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

健康推進課

成人男性の風しん抗体検査と予防接種について

昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様へ

あなたと、これから生まれてくる世代の子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!

風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性 の皆様に、無料で風しんの抗体検査と予防接種を受けていただけるクーポン券をお送りしています。

 この年代の男性の皆様には、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあります。

 この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。
 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください!

対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性

実施期間

令和7年(2025年)3月31日まで
※当初、令和3年度までの実施予定でしたが、令和6年度までに延長されました。

費用

抗体検査、予防接種 どちらも無料で受けることができます。 
※まずは事前に風しんの抗体検査を実施し、抗体価が不十分な場合、予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)を実施します。

実施場所

 ・沖縄県中部地区の実施医療機関は接種券に同封したチラシをご確認ください。
 ・抗体検査は、職場健診や特定健診の機会にクーポン券を提示することで受けられる場合があります。
      勤務先や健診機関にご確認ください。読谷村の集団健診でも抗体検査を実施しています。
 ・厚生労働省のホームページに全国で受けられる医療機関の一覧表が掲載されています。→こちらから確認 

抗体検査・予防接種までの流れ

 ①クーポン券が届きます。

 ②医療機関を選択し、抗体検査の予約をします。
  ※医療機関一覧は通知に同封しています。

 ③抗体検査を受けます。
  ※クーポン券を忘れずに持参してください。
  ※本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の提示が必要です。

 ④医療機関から抗体検査の結果が届きます。
  
※結果「抗体なし」の場合:予防接種が必要です。⑤をご覧ください。
  ※結果「抗体あり」の場合:風しんの抗体が十分にあるので、定期予防接種の対象となりません。

 ⑤医療機関を選択し、予防接種の予約をします。
  
※医療機関一覧は通知に同封しています。

 ⑥予防接種を受けます。
  ※クーポン券、本人確認書類、抗体検査結果通知が必要です。
      ※接種するワクチンは麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)です。

風しんに関する情報

 ・厚生労働省ホームページ→こちらから確認
 



  

このページに関するお問い合わせ

健康推進課 Tel: 098-982-9211