2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

総務課

福祉避難所

大規模災害時に、高齢者、障がいのある方、乳幼児や妊産婦など、一般の避難所(小学校など)では生活することが困難な方を対象とした二次的な避難所のことです。

※福祉避難所は、災害時に直ちに開設されるものではなく、必要に応じて開設されます。 
 最初から避難所として利用することはできません。

対象者

一般の避難所に避難した人のうち、福祉施設や医療機関に入所・入院するに至らない在宅の方であって、避難所での生活において特別な配慮が必要なため福祉避難所への避難が適切であると、一般の避難所の施設管理者等が判断した方が対象となります。

開設時期

福祉避難所は災害時に直ちに開設されるものではありません。
福祉避難所の施設の被害状況や一般の避難所に避難してきた方のうち、福祉避難所の対象となる方の確認を行い、必要に応じて開設します。

福祉避難所指定施設

読谷村では、以下の施設を福祉避難所として指定しています。

 一般の避難所と区別するために、受入対象者を「要配慮者」としました。

読谷村の福祉避難所の指定状況一覧.pdf

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 Tel: 098-982-9201