2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

生活環境課

珪藻土製品(バスマット、コースター等)の一時搬入停止について

厚生労働省より、一部のメーカーで販売している珪藻土製品(バスマット、コースター等)にアスベストが含まれているとの通知がありました。

アスベスト含有のものについては読谷村では処理できず、ごみとして出された場合に、アスベストが含まれているかを判断することができませんので、

当面の間、珪藻土を含む製品の回収を停止いたします。


ごみ処理行政に携わる作業従事者の安全を守るため、ご理解いただきますようお願いいたします。

含有が確認されている下記メーカーの製品については、自主回収を実施しておりますので、そちらへお問い合わせください。

詳しくは下記リンク先の厚生労働省ホームページをご確認ください。

※割れたり、破損した場合にはアスベストが飛散する恐れがありますので、袋を二重にしてテープで封をして保管してください。

※アスベストが含まれていないことが確認できているものに関しては、生活環境課までお問い合わせください。

含有が確認されているメーカー

株式会社 堀木工所(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15250.html

株式会社 カインズ(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15498.html

株式会社 ニトリホールディングス(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15781.html

不二貿易 株式会社(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15817.html

エイベクト 株式会社(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16190.html

現時点では上記のメーカーとなっておりますが、今後、含有が確認されるメーカーが出てくると思われますので、購入した販売店のホームページの確認をお願いいたします。

アスベストとは?

 石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれております。その繊維が極めて細いため、研磨機切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が吸入してしまう恐れがあります。

 以前は様々なものに使用されていましたが、現在は原則として製造等が禁止されています。

石綿はそこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため労働安全衛生法や帯域汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。

 石綿(アスベスト)の繊維を吸い込むと、肺線維症(じん肺)、悪性中皮腫の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

生活環境課 Tel: 098-982-9214