2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

日本一人口の多い村「読谷村」誕生

「日本一人口の多い村」誕生記念 「読谷ウィーク」開催

 読谷村が日本一人口の多い村になったことを記念し、4月21日(月)~27日(日)の1週間、「読谷ウィーク」が取り組まれました。
 この取り組みは読谷村と琉球新報社の共催で、パネル展や地域づくりフォーラムを実施しました。

 パネル展には、読谷村楚辺出身のももココロさんが描く琉球新報社の4コマ漫画「がじゅまるファミリー」の原画と、報道写真を展示しました。また、4月12日(土)にももココロさん指導のもとで、村内の子ども達が読谷村の将来像を描いた絵も展示され、会場を訪れた人々の心を和ませました。

 「地域づくりフォーラム」では、第1部に石嶺村長による講演「村民協働の『日本一の村』づくりを目指して」を行いました。また、第2部のパネルディスカッション「日本一の村」の称号を生かしたむらづくりについて、石嶺村長のほか村内の地域経済を担う方々、ゲストの法政大学岡崎昌之教授が熱く話し合いました。
 岡崎教授は「畑や海などの原風景といった村らしさが読谷村の魅力だと思います。「日本一」の言葉に踊らされず、これからも読谷村らしいむらづくりを進めてほしい。」と語りました。

読谷ウィーク1読谷ウィーク2

読谷ウィーク3読谷ウィーク4

この記事の関連サイト

Yuntanza

Yachimun/Glass

Hanaui/Bingata

Haru

Yukui

Churasan

Gusuku

Ashibi

日本一人口の多い村「読谷村」誕生バックナンバー

2014年5月 / 2014年3月 / 2014年2月 / 2014年1月 / 2013年12月 / 2013年11月 / 2013年10月 / 2013年9月 /