2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

福祉課

災害時要援護者名簿登録のご案内

読谷村では、災害が発生した際に、家族等の援助が困難で何らかの援助を必要とする高齢者や障がい者等(災害時要援護者)の名簿登録をすすめています。
つきましては、読谷村長から委嘱された調査員が訪問をし、実態調査を行いますので、皆様のご協力をお願いします。

名簿登録の対象者は次の方です

1) 満75歳以上の独り暮らしの高齢者

2) 満75歳以上の方のみで構成する世帯

3) 要介護度3以上の認定を受けている方

4) 身体障害者手帳1級又は2級を所有している方

5) 療育手帳A1又はA2を所有している方

6) 精神障害者保健福祉手帳1級又は2級を所有している方

7) その他援助を必要とされる方

災害時要援護者名簿の活用方法について

作成された個々の「災害時要援護者台帳」は民生委員・児童委員、自主防災組織、福祉ボランティア団体、その他関係機関にて名簿管理がされ、災害時の支援体制を整えるため有効に活用させていただきます。

地域の皆様へ

災害時には、消防をはじめとする行政機関等が避難住民の誘導など、さまざまな公的支援を行いますが、それだけでは限界があります。
この制度は、災害時に要援護者を地域の中で見守り、災害の発生が予想される場合には、地域住民と一緒に避難したりするなどの支援を行うという共助の精神に基づく地域活動です。
地域の皆様には、このような趣旨をご理解いただき、ご協力をいただきますようお願いします。

注意
災害時要援護者は、上記のようなボランティア精神に基づき支援を受けるものであるため、台帳への登録によって、災害時の支援を保障されるものではありません。また、地域住民は災害時要援護者の避難誘導等に関して、決してその責任を伴うものではありません。

お問い合わせ

お気づきの点がございましたら、担当課窓口へお問い合わせください。

読谷村役場 福祉課
電話番号098-982-9209
FAX番号098-982-9210

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉課 Tel: 098-982-9209