2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

福祉課

老人福祉医療助成事業(オムツ代)

目 的 

 在宅及び長期入院の寝たきり老人ならびに痴呆老人に対し、オムツ代の一部助成として老人福祉医療助成金を支給することにより、寝たきり老人等の福祉の増進と経済的軽減を図ることを目的とする。

寝たきり老人等とは 

満 65 歳以上の者で在宅、入院(医療保険適用)において1日の大半を臥床し、又は痴呆症並びにこれに準ずる状態にあるため、排泄にオムツの使用が必要と認められる状態が6ヶ月以上継続していると認められる者をいう。

支給要件

寝たきり老人等が次の各号の一に該当する場合は支給されない。

  1. 介護保健適用の施設等(特別養老老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群)に入所中の寝たきり老人等
  2. 生活保護法等による他の制度でオムツ代を補填している寝たきり老人等
  3. 年間所得が国民年金等障害基礎年金1級相当額(当該年度の申請については前年の所得)を超える寝たきり老人等
  4. 本村に登録して6ヶ月に満たない寝たきり老人等

支給額及び支給方法等

  • 助成金の額は、月額7,500円とする。
  • 助成金の支払は、7月、10月及び1月4月の年4回とし、それぞれ前月までの分を当該本人の預金口座に振込するものとする。ただし、現金で支給することもできる。
  • 申請が必要です

 

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉課 Tel: 098-982-9209