2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

福祉課

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、高齢者の安定した生活を支援する総合機関です。
地域包括支援センターの職員は、主任ケアマネージャー・保健師・社会福祉士などの専門職です。
これらの専門職が連携して、高齢者を支援します。

地域包括支援センターでは、こんなことを行っています。

1)介護予防を推進します(介護予防ケアマネジメント)

  • 要支援1・2と認定された方の介護予防ケアプランを作成します
  • 要介護・要支援になるおそれのある方の介護予防ケアプランを作成します

 

2)高齢者の権利を守ります(権利擁護)

  • 虐待を防止します
  • 悪質な訪問販売等による被害を防止します
  • 認知症などにより判断能力の低下している方を支援します

 

3)様々な相談に対応します(総合相談支援)

  • 高齢者の生活全般に関する相談、高齢者の家族や地域住民の方からの相談に主任ケアマネージャー・保健師などの専門職が対応します

 

4)適切なサービスを提供できるように支援します(包括的・継続的ケアマネジメント)

  • ケアマネージャーへの支援や助言、主治医や地域の関係機関との連携などを行い、充実したサービスが提供できるように支援します

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉課 Tel: 098-982-9209