2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

福祉課

9月より診療体制が変わります(村診療所)

村立診療所の診療体制変更について
9月より金曜日の午後は予約専用の診療体制となります。
診療所では在宅医療など村民のみなさまから訪問診療のご希望にお応えするように
予定が可能な計画的診療を組み立てるために予約専用時間の体制を設けます。
この時間帯は医師が訪問診療に出向き、不在となるため予約診療専用の体制とします。

外来診療は医師による事前予約の処置のみになります。

在宅医療を希望される村民の皆様が病院からの紹介で増加し続ける中、
村立診療所が在宅支援診療所としての機能を充実させるため体制変更となります。

詳しい内容やご質問につきましては下記の診療所連絡先(956-1151)直通
担当 庶務係 上間まで お気軽にお問い合わせください。

緑の金曜日の午後が診療体制の変更となります。

9月からの週間診療体制です。

在宅医療・訪問診療とは
村民のみなさまに必要なときに必要な医療を提供します。
外来通院が難しくなっても在宅医療・訪問診療という方法があり、病気であっても今までの住み慣れた我が家、住み慣れた施設に住み続けるように医療体制を整えます。 これは定期的に診療所の医師が訪問し必要なときに必要な医療を提供することで、血液検査、エコー検査など、村診療所を受診するのと同じ内容の検査を受けることが出来ます。また治療については、かかりつけ薬局と連携していますので、訪問服薬指導にて必要なお薬を自宅で受け取ることが出来ます。その他、入院が必要なときには在宅療養後方支援病院と連携し、最後まで希望の場所で生活できるようお手伝いしていくことが、在宅医療としての全体的な取組です。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉課 Tel: 098-982-9209