2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

福祉課

令和元年8月1日より、読谷村重度心身障がい者(児)医療費助成の『自動償還払い』が開始します。

令和元年8月1日から、医療機関窓口にて「読谷村重度心身障がい者(児)医療費助成受給資格者証(そら色)」の提示をすると...役場窓口での申請が不要となります。

自動償還払いとは・・・重度心身障がい者(児)医療費助成の対象者が、医療機関等(薬局含む)でそら色の受給者証を提示して受診した場合、お支払いした保険適用分の自己負担金(入院時の食事代の半分を含む)が、受診した月の翌々月以降の月末に、読谷村から自動的に指定された口座へ振り込むことになります(ただし、高額療養費などがある場合を除きます)。

※ 沖縄県外の医療機関等や一部の医療機関等で、自動償還を行っていないところもありますので、受診時に医療機関に確認ください。

※ 新しい受給資格証は、対象者の自宅へ郵送しています。

(見本)

   

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉課 Tel: 098-982-9209