2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

水道課

読谷の水についてのはなし

1年間の水使用量

 平成28年度は、4,891,390立方メートルの水道水を供給しました。これは、5万人が収容できる東京ドーム(約124万立方メートル)を巨大なタンクにみたてると、約3.9杯分に相当します。

一日の水使用量

 平成28年度は、一日で約13,401立方メートルの水を供給しました。これは、読谷村内でいちばん大きな古堅小学校のプール(450立方メートル)の約29杯分に相当します。
 また、1日に使用した水量を1日配水量といいまして、今まで一番多く使用したのは、平成23年に記録した、17,582立方メートルです。

読谷村の水道を使用している人

 水道水を使用している人の数を「給水人口」といいますが、平成28年度は41,733人、普及率は、99.8%です。

1人1日当りの水の使用量

 平成28年度は、村民1人が1日で使用した水の量は321リットルです。これは、2リットルペットボトルの約160本分、500mmペットボトルの約642本に相当します。

100円で水道の水はどれだけ飲めるか

 読谷村では、100円で約778リットルの水を飲むことができます。778リットルは、何とペットボトル500mmサイズで約1,556本も飲めることになります。(※一般家庭用の基本水量:8立方メートルの料金:1,028円で試算)

統計データ

 読谷村における水道統計のデータは、次のとおりです。

【読谷村水道統計 1966年~2016年】(PDF形式
(※ご利用の際は、上記ファイルをダウンロードしてご利用下さい。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

水道課 Tel: 098-982-9223