2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

都市計画課

都市再生整備計画(大木地区) 事後評価結果の公表

読谷村では都市再生整備計画事業に基づき、平成26年度から平成30年度に実施しました事業について、事後評価を実施することとなりました。

〇都市再生整備計画事業とは

 都市再生整備計画事業は、地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として創設された制度です。

 

〇事後評価の目的 

 都市再生整備計画事業では、交付期間終了後の効果の持続や次のまちづくりへの展開を図るため、市町村がまちづくり目標に対する達成状況を確認したり、効果発現の要因を整理して今後のまちづくり方策を検討することとされています。

 

〇事後評価結果の公表

 都市再生整備計画事業では事業と評価を連動させるPDCAサイクルの考え方を採用しているとともに、情報公開・透明性が重視されていることから事後評価結果を公表致します。

 読谷村大木地区  事後評価結果.pdf

 

 

 

担当部署:読谷村役場 都市計画課 田園都市整備係

 

 

 

〇事後評価の目的

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課 Tel: 098-982-9220