2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

都市計画課

読谷村景観地区内において建築行為を行う場合の手続きについて

読谷村の景観地区(座喜味城跡周辺地区、ヤチムンの里周辺地区)内における建築物の新築や増改築などの際には、景観法に基づく認定申請を行い、認定証の交付を受ける必要があります。

 ※景観法に基づく認定申請は、建築確認申請の30日前までに行う必要があります。

事前協議について

建築等を行う場合は、景観法に基づく認定申請を行う前に、事前協議が必要です。

事前協議資料作成要領

事前協議を行う際は、下記の「読谷村景観地区内における建築物の計画の事前協議資料作成要領」に基づき資料を作成し、都市計画課窓口へ提出をお願いします。

読谷村景観地区内における建築物の計画の事前協議資料作成要領 → youryou.pdf(195KB)

※資料は2部(正・副)提出となります。

 

景観地区の概要

各景観地区の対象区域、地区の概要や制限内容については、次の資料をご確認ください。

座喜味城跡周辺景観地区 運用マニュアル概要版 → zakimizyouato_gaiyou.pdf

ヤチムンの里景観地区 運用マニュアル概要版 → yachimun_gaiyou.pdf

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課 Tel: 098-982-9220