2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

税務課

郵送請求をご利用の皆様へ

読谷村から転出したり、仕事などで窓口に来られない場合は、
本人が下記の方法にしたがって郵送による請求ができます。

請求方法について

下記の書類を《読谷村役場税務課》まで送付してください。

 

 1.税務証明交付申請書(申請書はこちら税務証明交付申請書【読谷村】.pdf)

    *請求者1人につき1枚の申請書をご準備ください。
    *申請書には、所得・課税証明書、納税証明書の必要な年度も明記してください。
    *申請書には、日中に連絡の取れる電話番号を必ず明記してください。

2.定額小為替(手数料として)

    詳細は下記の手数料についてをご参照ください。

3.返信用封筒(宛先を記入し、切手を貼り付けたもの)

*返信先は、納税義務者の個人情報を保護する為、納税義務者ご本人の住所(所在地)となります。
*読谷村から転出した後、最初の住所地からさらに別の場所へ転居した方で、本人確認書類の住所書き替えがお済みでない場合、現住所が確認できるもの(住民票、公共料金の領収書の写し等)も併せて同封してください。    
*税務証明書等の請求の際、返信先と現住所が異なる場合は、請求書に返信先住所とその理由を具体的に記載し、送付先確認書類(例:勤務先の場合は、勤務先の所在地の記載のある社員証の写し等)を同封してください。 
なお、理由によっては現住所以外の場所に送付できない場合があります。
  

 4.本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード等)

 5.その他

    軽自動車税納税証明書(継続検査用)は、車検証の写しを同封して頂ければ、委任状不要です。
    成年後見人や納税管理人からの請求については、上記以外に必要な書類があります。お手数ですが、
    お電話にてお問い合わせください。
 
   ※固定資産評価証明書に係る相続人からの請求については、上記以外に次のものが必要となります。
      ・被相続人の死亡が確認できる書類の写し(戸籍謄本、除籍謄本、除票住民票等)
      ・相続人であることが確認できる書類の写し(被相続人との続柄がわかる戸籍謄本、除籍謄本、住民票等)

 

手数料について

 必要な手数料分、郵便局等で定額小為替を購入してください。

証明書の種類

手数料

課税証明/所得証明書

1件につき200円

納税証明書

1年度、1税目につき200円

軽自動車税納税証明(継続検査用)

無料

固定資産評価(公課・資産)証明

1件につき200円(注1)


  (注1)固定資産評価(公課・資産)証明の件数について
       ・土地の場合、1~5筆につき1件。6筆以降も同様に1~5筆を1件とする。
       ・家屋の場合、1棟または1個につき1件。

   手数料についてご不明な場合は、事前にお電話でお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

税務課 Tel: 098-982-9206