2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

住民年金課

業務取扱時間外(平日時間外や休日)の戸籍届出について

業務取扱時間外とは、平日の業務時間(午前8時30分から午後5時15分)以外の時間や閉庁日(土・日・祝日・年末年始12月29日から1月3日)の事です。
なお、平日の昼休み(12時から1時まで)については、証明発行業務のみを行っております。

戸籍の届出について

戸籍の届出は、住民年金課の窓口が閉まっている時でも、業務取扱時間外受付として提出することができます。
ただし、業務取扱時間外の届出については、次の点にご留意ください。

時間外受付窓口での受付は、届出書を仮にお預かりするだけです。

時間外受付窓口では、業務開始までの一時預かりとして届書をお預かりしますので、記載内容や添付資料の審査をすることはいたしません。このため受付時点では受理されたことにはなりませんのでご承知おきください。
 後日、開庁日に役場住民年金課の戸籍担当職員が内容を確認し、問題がなければ、お預かりした日にさかのぼって受理されたことになります。
 確認の結果内容によっては、提出いただいた届出書を、届出人ご本人に修正していただくことや添付資料を追加でご提出いただくこともありますので、届書には連絡先を必ず記入してください。
 また、やむを得ず受理できない場合、原則として電話連絡をした上で、届出書を返戻させていただくこともあります。

事前審査をお勧めしております。

時間外受付窓口を利用して届出書を提出する予定の方は、事前に住民年金課の戸籍担当窓口で開庁時間中に、届出書の事前審査(記載内容や添付書類等の確認)を受けていただくことをお勧めしております。

婚姻届など、提出日(たとえば挙式の日や記念日など)を戸籍上の届出の日にしたい場合は、事前審査を受けることで、不備なく確実に届出ができます。

※届出地以外の市区町村でも、書類の不備や記入漏れなど確認してもらうことができます。遠方にお住まいで届出地での事前審査が困難な場合は、お近くの市区町村の戸籍担当窓口へご相談ください。

留意事項

届出書には、平日の昼間に連絡がつく電話番号を必ずお書きください。
届出書の内容によっては、添付書類等が必要になる場合があり、後日提出していただくことがあります。

出生届については、住所地で児童手当、福祉医療、国民健康保険証や母子手帳への出生届出済証明などの諸手続が必要となるため、後日改めて平日の役場開庁時に来ていただき手続きを行う必要があります。

時間外受付では、証明書類の発行や戸籍以外の届出(住民登録、健康保険、年金等)はできません。

死亡の届出に伴い、火葬許可証の発行が必要な場合は、午前8時30分から午後5時15分の間に届出をしてください。
※平日・休日にかかわらず、午後5時15分から翌日午前8時30分までの間は火葬許可証の発行は出来ません。

◇戸籍に関すること

住民年金課のページへ戻る

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民年金課 Tel: 098-982-9207