2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

番号制対策班

福祉課窓口での各種手続きに、マイナンバーが必要な場合があります。

平成28年1月より、社会保障・税・災害対策等の行政手続きで、

マイナンバー(社会保障・税番号)が必要となりました。

それに伴い、福祉課窓口における各種手続きについても、マイナンバーの確認作業が必要になりました。

例えば・・・

◯生活保護申請手続き

◯介護保険の各種手続き

◯障害福祉サービスに関する手続き

◯自立支援医療(更正・育成・精神通院)に関する手続き

◯特別弔慰金請求手続き                 等

 

各種手続きの際には、マイナンバーが確認できるものをご持参ください。

①個人番号カード

②マイナンバーの通知カード

③マイナンバーが記載された住民票の写し

④住民票記載事項証明書

お問い合わせ:福祉課(7番窓口)982-9234

 

マイナンバーに関する情報については、内閣官房ホームページをご覧ください。

⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

番号制対策班 Tel: 098-982-9200 Fax: 098-982-9202