2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

生涯学習課

読谷村の生涯学習・社会学習

◆基本方針◆

近年、科学技術の急速な進歩に伴い、都市化、核家族化、少子化、国際化及び情報化など、社会構造が急激に変化し、人々の日常生活に大きな変化をもたらした。そのため価値観は、従来の経済性や効率性を重視する考え方から、心の豊かさや安らぎのある生活を大切にする考え方に変わってきている。また、人々は社会生活や職業生活を営む上で、絶えず新たな知識や技術を習得することが求められている。
こうした状況の中で、全県的に生涯のいつでも、自由に学習機会を選択して学ぶことができ、その成果が適切に評価されるような生涯学習社会の構築に向け、その取り組みが行われている。
本村教育委員会も、平成9年4月1日より「社会教育課」から「生涯教育課」へ名称変えをし、村民の学習ニーズに応えるため生涯学習・社会教育行政を積極的に推進してまいりました。又、村民の学習に対する要求も高度化・多様化し、行政の果たす役割として、村民の学習意欲を引き出し、学習を支援していくことが重要な課題となっている。
このことを基本に、村民に学習の機会を提供し、かつ、自主的活動が大きな成果を上げるよう支援していくことが重要である。そのために、次のことを基本方針として取り組んでいく。

(1)村民のニーズに対応した施設及び学習機会の拡充等生涯学習の推進
(2)青少年リーダー及び育成者の養成など、青少年育成活動の推進
(3)地域活動及び野外活動など、生活体験の学習会などを促進し、青少年の健全育成を図る。
(4)社会教育指導者の育成・確保に努め、家庭や地域の教育力の向上を基本とした社会教育の充実を図る。

 

◆重点施策◆

1.生涯学習の推進

生涯学習の推進体制及び基盤整備を図るため、社会教育主事資格者取得者の養成・確保に努め、社会教育主事の充実強化を図るとともに、村民一人一人の「これからの学習」に応えるために、生涯各期に応じた学習情報及び学習機会を提供して、「いつでも、どこでも、だれでも」学習できる生涯学習の条件整備に努めてまいりました。
これらの施策を総合的、効率的に推進するためには、生涯学習の推進拠点として、また、生涯学習関係施設のネットワークの中心施設として読谷村文化センターを活用するとともに、読谷村立図書館の活用や、県及び各市町村、社会教育機関・施設・団体等との連携による情報提供のネットワーク化を強化し、村民の学習情報及び学習機会の拡充に努める。

(1)社会教育主事の養成・確保
(2)読谷村文化センター、読谷村立図書館の活用
(3)読谷村生涯学習データバンクの整備
(4)読谷村生涯学習フェスティバルの開催
(5)読谷村社会教育関係行事計画表の作成・発行
(6)各種学習情報及び学習機会の提供、学習相談・あっせん

2.青少年の健全育成

明日を担う「青少年の健全育成」の基本方向は、豊かな心をもち、たくましく生きる青少年の育成を目的として、学校・家庭・地域社会等の連携を強化し、教育環境の改善や学校外活動の充実を図ることである。
青少年をとりまく現状は、夜型社会とも呼ばれる大人社会を反映し、生活スタイルの夜型化と生活の個室化、浮遊化が見られ、青少年の夜間はいかい、基本的生活習慣の乱れや交通事故等の多発につながり心を痛める状況にある。その上、地域における連帯感が薄れ、本来地域がもっている指導力も失われつつある。
そのため、青少年の育成においては、野外活動、文化・スポーツ活動等の体験活動を通して自己教育力を高めていく必要性があり、青少年の集団活動や自然体験活動等を充実させることが大切である。
青少年の健やかな成長を図るために、幼児期から青年期までの発達段階に応じて学校・家庭・地域社会及び関係機関、団体が連携を密にしてその機能が発揮できるよう適切な指導・援助を行いつつ、よりよい地域環境づくりに努める。

(1)地域子ども会、読谷村子ども会育成連絡協議会活動の促進
(2)ジュニアリーダーの育成
(3)青少年教育委託学級の開催
(4)社会教育委託学級の開催
(5)鳥取県米子市・読谷村子ども会交流事業の実施
(6)地域青年会、読谷村青年団協議会活動の促進
(7)読谷村成人式典の実施
(8)青少年団体育成者・指導者研修の充実
(9)関係機関・団体・学校との連携強化
(10)中頭地区ジュニアリーダー研修会

3.社会教育活動の充実

これまで、教育委員会が行っている公的社会教育は、生涯学習体系の中においても独自の重要な役割をもつものであり、社会教育の充実は極めて重要な課題である。
社会教育の充実のためには、社会教育事業を拡充するとともに、社会教育関係団体を育成・強化して、その活動を活性化する必要がある。
このような観点から、各種学校・講座を拡充し、社会教育行政活性化に努め、社会教育関係団体の組織の強化と指導者の養成に努める。

(1)子ども会育成者指導者研修会の充実
(2)婦人会リーダー研修会の実施
(3)PTAリーダー研修会の実施
(4)社会教育関係団体の養成・強化及び事業の充実
(5)各種研修会への参加促進
   1、中頭地区青年・婦人国内研修派遣
   2、県内婦人指導者研修派遣
(6)社会教育委託学級の開催
(7)社会教育と学校教育の連携強化
(8)中頭視聴覚ライブラリーの活用促進

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 Tel: 098-982-9231