2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

生涯学習課

読谷村の社会体育

(1)基本的な考え方

体育・スポーツは、心身の健全な発達に資するとともに、明るく豊かで活力に満ちた社会の形成に寄与するものと考えます。近年、自由時間の増大、高齢化、情報社会の進展等、社会環境や生活様式の変化するなか、体育・スポーツ活動に対する欲求はますます高まり、健康・体力づくりを日々実践している人々が着実に増加していることは、誠に喜ばしいことであります。

「健康」というテーマが今日ほど最も一般的に実感として話し合われた時代は過去に例をみないでしょう。
人生80年代の幕開け、余暇社会時代を迎えスポーツ・レジャー等を見直す気運が国民的活動となって広がりを見せ、健康体力づくりの要求は年々高まる一方にあります。
自らの健康・体力づくりは自らがその意義を十分認識し、自らの年齢、体力に応じた展開を地域・職場・家庭にまで日常的に取り組む必要があります。

本村においては自主的に各種サークル・グループが結成され、多くの村民がスポーツに親しんでいます。

行政においても各種スポーツ教室・講習会・大会等の開催、社会体育施設や学校体育施設の開放を推進し、村民の健康・体力づくりの要求に応える努力をしているところであります。

今後は「みんなのスポーツ」の振興と同時に健康体力づくりに関わる諸分野の団体と連携しながら、「みんなの健康づくり」の世話役として資質の向上を図らなければなりません。
そして、スポーツをとおして村民の健康を増進することにより、生涯学習・文化社会の実現、快適性とうるおいのある地域づくりを創出することが読谷村の目指す

ゆたさある風水 優る肝心 咲き誇る文化や 健康の島
(ユタサアルフンシ マサルチムグクル サチフクルハナヤ ガンジュウヌシマ)

の理念につながると考えます。

 

(2)基本的方針と具体的方策

基本的方針1

各種スポーツ教室・講習会・大会をとおしてスポーツの活性化をめざし各種スポーツ・体力づくりの普及を図る。(プログラムサービス)

具体的方策

1、各種スポーツプログラムの提供

○各種スポーツ教室の開設
○各種スポーツ大会の開設
○各種講習会・研修会の開設

2、スポーツ広報・スポーツ相談

○スポーツ行事・研修会等のチラシ送付
○各種スポーツ相談(指導者・場所等の紹介)

基本的方針2

村民1人1スポーツを目標に村民総スポーツの拠点づくりである活動の場の整備を図る。(エリアサービス)

具体的方策

1、社会体育施設の開放

○平和の森球場・読谷村多目的広場・読谷村運動公園・読谷村テニスコート・屋外スタンド
○読谷体育センター・陸上競技場・残波岬ボールパーク・残波岬テニスコート
○学校体育施設の開放事業
(体育館5小学校・2中学校、ナイター2小学校・1中学校)

2、スポーツ用具の貸出

基本的方針3

ファミリー・地域・職場スポーツの振興を図る。
家庭における教育機能の回復をファミリースポーツで取り戻し地域職場への輪を広げる。

具体的方策

1、ファミリースポーツと基礎体力づくりの推進

○各種事業の中での実施(親子水泳教室等)
○ファミリーキャンプの普及(用具の貸出)

2、地域・職場で気軽にできるスポーツの紹介

基本的方針4

体育指導委員の資質向上と組織強化を図る。

具体的方策

1、体育指導員研修会の開催

2、各種実技研修会への参加促進

基本的方針5

各種スポーツ団体、健康づくりに関わる諸機関との連携を図る。

具体的方策

1、読谷村体育協会、読谷村ソフトボール協会、読谷村ラクビー協会、読谷村サッカー協会、学童軟式野球読谷支部、家庭婦人バレーボール連盟等のスポーツ団体と交流を深め、相互の事業推進協力体制の強化を図る。

2、読谷村健康づくり推進協議会、読谷村社会福祉協議会、読谷村役場、健康環境課、福祉課、生涯学習課、こども未来課、健康増進センター等の機関と連携して村民の健康・体力づくりを推進する。

3、10月の体育の日前後1週間を村民健康づくりとして位置づけ健康フェスティバルを実施する。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 Tel: 098-982-9231