2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

健康推進課

見えない砂糖・油・塩を見える化しました!~食改さん自主活動~

普段よく口にする、食べ物や飲み物に

どのくらいの砂糖・油・塩が含まれているのだろう...?

食改さんで展示物を作ってみました!

                                 

まず、普段よく飲んでいる清涼飲料水や食品に含まれる砂糖や油の量を

成分表示から把握します。

(砂糖は炭水化物、油は脂質、塩は食塩相当量を参考にします)

次に砂糖、油、塩を計量し容器に入れていきます。

                                 

こちらが完成です!!「飲み物に含まれる砂糖の量」

こちらは「食べ物に含まれる油と塩の量」です。

うちな~んちゅの大好きなポーク...油と塩の量にびっくりです!!!

作成した食生活改善推進員さんからは

「砂糖の量がすごいね!」

「子どもたちもよく飲むよね」

「油と塩の量を知るとこわい!」などの感想がありました。

食べたらダメ!ということではなく

時間や量を決めたり

食べすきた後は食事の調整をするなどして

上手につきあっていきたいですね♪

健康まつりや、乳幼児健診、婦人がん検診会場などで展示していきたいと思いますので是非ご覧ください!

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康推進課 Tel: 098-982-9211