2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

その他の手続

【犬・猫その他動物関係】狂犬病集合予防注射について

平成28年度狂犬病予防集合注射について

平成28年度の狂犬病予防注射(集合)の情報はこちら→狂犬病予防集合注射.pdf

集合注射での注意事項

  1. 当日、愛犬の健康状態が悪い場合は、注射を受ける前に獣医師と相談してください。
  2. 犬を押さえれる人が連れてきてください。
  3. 咬み癖や他の犬に危害を及ぼす恐れがある場合は口輪して下さい。
  4. 鑑札と注射済票は、必ず犬の首輪につけましょう。
【狂犬病について】
  • 狂犬病は犬・人を含むすべての哺乳類に感染する人畜共通の伝染病です。
  • 発症した場合、ほぼ100%死にいたります。
  • 日本では現在発生していませんがインドネシアでは2008年の流行から死者が発生しています。
  • 船などで感染したネズミ等が沖縄に持ち込まれた場合、現在の接種率では流行を抑えきれません。
  • 1度流行があると撲滅まで長期にわたることが予想され沖縄は大きな打撃をうけます。

人と犬環境を守るため、狂犬病予防注射を受けましょう。

詳しい情報については沖縄県獣医師会のページをご確認ください。http://www.okijyu.jp/

犬を飼う為の大切なルール

  • 愛情をもって適正飼育をしましょう。
  • 役場での登録及び毎年の狂犬病予防注射を受けましょう。
  • フンの始末はきちんと行いましょう。
  • 犬が逃げてしまった場合、交通事故にあうこと等も考えられます。首輪・ハーネスに緩みがないか定期的に確認しましょう。
  • 人を咬んでしまわぬよう、しっかり飼育環境を整えましょう。
  • あなたの周りには、犬が苦手な人がいるかもしれません。近隣の方にも配慮し、思いやりをもって飼育しましょう。

生活環境課 環境衛生係   TEL982-9214

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

その他の手続