2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

総務課

いじめ問題に関する緊急メッセージ

「いじめ」について
法務省の人権擁護機関である全国人権擁護委員連合会及び沖縄県人権擁護委員連合会では「いじめ問題に関する緊急メッセージ」を発信いたしました。

 

いじめ問題に関する緊急メッセージ

いじめをしている人は、ストレスの解消のつもり、遊び半分でやっているのかもしれません。しかし、相手の人を死に追いやりかねません。自分の人生も取り返しのつかないものにしかねません。絶対にしないでください。している人はすぐにやめてください。
いじめを受けている人、いじめを見た人、聞いた人は、私たち、人権擁護委員に連絡してください。
小中学校を通して全国の小中学生に配布した「子どもの人権SOSミニレター」を使って連絡しても、全国共通・無料の「子どもの人権110番」(0120-007-110)に電話してもかまいません。メールも受け付けています。秘密は必ず守ります。
私たち人権擁護委員は、「人権」を取り戻すための仕事に取り組んでいます。いじめを、そして、仕返しをストップさせるために、全国1万4千人の人権擁護委員が全力を尽くします。どうか声をあげて、私たちに助けを求めてください。
保護者の方も、お子さんを護るために、人権擁護委員を御活用ください。子どもの未来は人類の未来なのです。この未来を希望に満ちたものにしたい。これが私たちの願いです。 

私たち人権擁護委員は、子どもたちが安心して学校生活が送れるよう、常に相談に応じています。
1.仲間外れ 2.ことばによる「いじめ」 3.身体への直接攻撃 4.携帯電話での動画撮影 5.インターネットによる攻撃
等々についてフリーダイヤル(0120-007-110)に電話ください。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 Tel: 098-982-9201