2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

総務課

総務課紹介

 総務課は行政組織として総務企画部に位置づけられ、課の職員数は18人(平成25年4月現在)です。
 業務を管轄する係として5係(行政係、安全・安心なむらづくり推進係、人事福利係、電子計算係、秘書係)があります。村民サービスへの行政サービスを始め、職員管理、OA機器・行政システムの運用・管理など多岐にわたる職務内容となっています。

 行政係の主な業務内容は、行政区運営、情報公開制度の運用、村民相談事業の運用等を行っています。行政から村民へ情報伝達・連絡を行なうため毎月2回(原則1日及び15日開催)区長会を開催しています。情報公開の手続窓口や村民相談事業として各種相談業務(無料法律相談:毎月3回、人権相談:年3回、行政相談:年2回)も行っています。また村の一大イベントであります村民総参加の手づくりによる読谷まつりも出演者調整、実行委員会の事務局として業務を管轄しています。公共交通による村民の移動手段の確保として、コミュニティバス(鳳バス)運営事業をおこなっております。利用者は、年間延べ2万人を超えています。

 安全・安心なむらづくり推進係の主な業務内容は、村民の安全・安心を確立するため、交通安全対策、防犯対策、防災対策を行っています。交通安全対策は、嘉手納警察署と連携を密にし、道路反射鏡及び区画線の設置、交通安全推進協議会の運営などを行っています。防犯対策は、村内各所に防犯燈の設置及び維持管理、嘉手納地区防犯協会との連携した活動を行っています。防災対策は、地域防災計画に基づき避難場所の設置、防災無線の活用、自主防災組織の設立・活動支援などを行っています。

 人事福利係では、職員採用試験及び臨時職員の募集受付や職員研修の実施、職員の給与や定員管理など人事制度の調査研究を行なっています。また、村民功労表彰等の儀式や褒賞といった表彰に関することも行っています。

 電子計算係の主な業務は、各種業務の基本となる基幹系システムや職員が業務で使用するネットワーク(LAN)、パソコン等の運用・管理を行っています。村民の皆様の身近なところでは、住民票や村民税などの証明書の発行、国民健康保険の保険証の発行など、窓口での多くの手続きに基幹系システムが利用されています。

 最後に、秘書係は村長の日程調整や随行、渉外に関することがあります。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 Tel: 098-982-9201