2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

総務課

広報よみたんへの掲載(平成28年2月号)

いよいよ始まる、マイナンバー制度
行政手続きにおけるマイナンバーの記載について
 平成28年1月より、読谷村役場等の行政機関の一部手続きにおいて、マイナンバーの記載が必要となります。読谷村役場で行政手続きをされる村民の方は、マイナンバーの確認ができる書類と本人確認ができる書類の両方をご準備下さい。
〔 マイナンバーの記載が必要となる手続きの例 〕
○介護保険、生活保護、障がい福祉サービス等の申請などの手続き
○国民健康保険加入・喪失及び高額療養費等の申請などの手続き
○他の市町村からの転入などの手続き
○妊娠の届出、未熟児療育医療、児童扶養手当等の申請などの手続き
(福祉課 ☎ 982-9209)
(健康保険課 ☎ 982-9212)
(住民年金課 ☎ 982-9209)
(こども未来課 ☎ 982-9212)

※本人以外の方が申請する場合は、本人確認や委任状が必要になる場合があります。
例 妊娠の届出:同居家族以外の方が届け出る場合→委任状が必要となります。

〔 マイナンバーの確認に必要な書類 〕
 個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書

〔 本人確認に必要な書類 〕
○顔写真付きの書類(官公庁発行のみ)・・・1つで本人確認できます。
 個人番号カード、運転免許証、パスポート、障害者手帳等

○顔写真が付いていない書類(官公庁発行のみ)・・・本人確認に2つ以上が必要です。
 健康保険被保険者証、扶養手当証明書、年金手帳等

マイナンバーの記載が必要な手続きについては、
各担当窓口へお問い合わせ下さい。

通知カードの保管期間は、平成28年3月31日まで!

〔 通知カードの窓口交付のお知らせ 〕
〔 対象 〕不在などで通知カードを受け取っていない方(※平成27年10月2日に読谷村に住所を有した方)
〔 期間 〕平成28年3月31日(木)まで
〔 時間 〕8時30分~17時15分(祝日を除く平日のみ)
〔 窓口 〕読谷村役場 一階 住民年金課(☎ 098-982-9207)

〔 通知カードの受け取りに必要なもの 〕
○世帯主又は同一世帯の方が受け取る場合
・窓口にくる方の本人確認ができる書類 ・印鑑(認め印も可)

○代理人(世帯主又は同一世帯の方以外)が受け取る場合
・窓口に来る方の本人確認ができる書類 ・印鑑(認め印も可) ・代理権証明書

このような問い合わせにご注意ください!
 『送付先を間違えていないか確認しています。マイナンバー、住所、氏名を教えて下さい。』
 『被災地への義援金/支援団体へ寄付金を振り込むため、マイナンバーを教えて下さい。』
 『個人番号カードの交付を申請するので、ご家族の分も含め通知カードを預けて下さい。』

 この様な電話や問合せがあった場合は、直ぐに読谷村役場にご相談下さい。

 ※マイナンバーを確かめるために訪問したり電話をかけることはありません。
 ※通知カードや個人番号カードの最初の交付は無料です。

【 お問合せ先 】
読谷村役場 総務企画部 番号制対策班(読谷村役場3階) ☎ 098-982-9201
      生活福祉部 住民年金課 (読谷村役場1階) ☎ 098-982-9207
マイナンバー総合フリーダイヤル         ☎ 0120-95-0178(無料)

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課 Tel: 098-982-9201