2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

こども未来課

児童扶養手当

児童扶養手当は、父母の離婚などにより、母親または父親と生計を同じくしていない児童が養育されている ひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

平成24年8月の現況届のご案内について(pdf)

 

受給資格者

 手当を受けることができる人は、次の条件に当てはまる18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童 を監護している父親、母親または、父母にかわってその児童を養育している人です。

なお、児童が心身に基準以上の障害がある場合は、20歳になる誕生月まで手当が受けられます。

  1. 父母が離婚した後、父または母と一緒に生活をしていない児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が重度の障害にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  7. 母が婚姻によらないで生まれた児童
  8. 父母とも不明である児童

 

次のような内容に該当する方は資格を得られません

対象となる児童が

  • 日本国内に住所がないとき
  • 父または母の死亡による公的年金や労災による遺族補償を受けることができるとき
  • 父または母(重度の障害)に支給される公的年金給付の額の加算対象となっているとき
  • 児童福祉施設等に入所、または里親に委託されているとき
  • 父または母の配偶者(事実婚※1も含む)に養育されているとき(父または母が重度の障害者の場合を除く)

※1事実婚とは・・・社会通念上、当事者間に夫婦としての共同生活と認められる事実関係(頻繁な定期的訪問かつ、定期的な生計費の補助など。同居の有無は問わない)が存在することをいいます。

父母または、養育者が

  • 日本国内に住所がないとき
  • 公的年金を受けることができるとき(老齢福祉年金を除く)

 

申請方法

受給資格があっても、申請手続きをしないと手当は受けることはできません。

手当を受けるには、住所地の市町村役場で認定請求の手続きを行う必要があります。

なお、申請者の受給要件によって必要書類が違いますので、担当課(こども未来課)までお越しください。

必要書類の例

  1. 印鑑(認印)
  2. 戸籍謄本(本籍地の市町村で発行)
  3. 健康保険証(申請者と児童の分)
  4. 申請者名義の預金通帳(写し可)
  5. 所得証明書(1月1日時点の住民登録地で発行)
  6. 認定請求書
  7. その他(受給要件によって必要な書類があります)

 

 手当の支給日

県知事の認定を受けると、認定請求をした日の翌月分から手当が支給されます。

4月11日・8月11日・12月11日の年3回、ご指定された金融機関口座へ振り込まれます。

※振込日が土日、祝日の場合は前日の銀行営業日に振り込まれます。

 

手当の額(平成24年4月1日から)

児童1人のとき

【全部支給の場合】
月額  41,430円

【一部支給の場合】
月額  41,420円~ 9,780円の範囲

児童2人のとき

【全部支給の場合】
月額  46,430円

【一部支給の場合】
月額  46,420円~14,780円の範囲

児童3人以上のとき

 3人目から児童1人増すごとに3,000円加算

  

支給制限

受給資格者及びその扶養義務者(同居の血族)等の前年の所得により、支給制限が設けられています。

下表の限度額以上ある場合は、その年度は手当の全部または一部が支給停止されます。

所得制限限度額(平成14年8月から)

扶養親族等の数 0人
受給資格者

全部支給されるもの :  190,000円
一部支給されるもの : 1,920,000円

扶養義務者等

2,360,000円

扶養親族等の数 1人
受給資格者

全部支給されるもの :  570,000円
一部支給されるもの : 2,300,000円

扶養義務者等 

2,740,000円

扶養親族等の数 2人
受給資格者

全部支給されるもの :  950,000円
一部支給されるもの : 2,680,000円

扶養義務者等 

3,120,000円 

扶養親族等の数 3人
受給資格者

全部支給されるもの : 1,330,000円
一部支給されるもの : 3,060,000円

扶養義務者等 

3,500,000円

扶養親族等の数 4人
受給資格者

全部支給されるもの : 1,710,000円
一部支給されるもの : 3,440,000円

扶養義務者等 

3,880,000円 

扶養親族等の数 5人
受給資格者

全部支給されるもの : 2,090,000円
一部支給されるもの : 3,820,000円

扶養義務者等 

4,260,000円    

 

一部支給停止措置について

手当を受けてから5年、受給要件に該当した月から7年を経過したときは、手当の一部が支給停止の対象  となります。

この措置は、「児童扶養手当一部支給停止適用除外理由届出書」及び添付書類を提出することにより適用を除外することができます。

一部支給停止適用除外について詳しくはこちら

手当をうけている方の届出義務

現況届の提出

受給者は、毎年8月1日から8月31日までの間に現況届を提出することになっています。

住所地の市町村役場へ所得状況や児童の養育状況等を決まった用紙で届け出るもので、資格の継続に不可欠です。この届出が出されないと、8月以降の手当が受けられません。

また、2年以上届出ないと、時効により支払いを受ける権利がなくなりますので、ご注意ください。

 

 申請窓口

 〒904-0392 沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2901番地

読谷村役場 こども未来課 子育て支援係 (村役場1階 8番窓口)

TEL 098-982-9240(直通)  FAX098-982-9210

   

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

こども未来課 Tel: 098-982-9240