2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

企画政策課

読谷村ふるさとづくり寄附金の使い道のご報告 平成22年度

平成20年度からはじまった読谷村ふるさとづくり寄附金。これまで全国の方から多くの寄附を頂きました。頂いた寄附は、寄附者の皆様のご期待にそえるよう、有効に活用させていただきます。今後とも読谷村に対し、一層のご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
皆様から頂きました寄附金は、次のとおりむらづくりに活用させていただいておりますことをご報告いたします。

 

平成22年度

「生き活きがんじゅう・ゆいまーるを推進するための事業」

事業名

地域保健活動推進事業

内容

プロ・ランニングコーチ 金哲彦氏による体幹エクササイズ講習会の開催。

寄附金充当額

200,000円

 

「安全・快適・潤いのあるむらづくりを推進するための事業」

事業名

ごみ減量・環境美化促進事業

内容

不法投棄監視を強めるため、地域監視隊に対し、不法投棄を訴えるベスト、車両貼り付けマグネットを配布し、不法投棄防止、減少を図る。

寄附金充当額

161,000円

 

※寄附金の使途につきましては、寄附を頂きました皆様方の要望を尊重し、活用させて頂いております。
※寄附の申請時に使途について「8.指定しない」とされた方につきましては、村で使途事業を選定させていただきました。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 Tel: 098-982-9205