2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

企画政策課

読谷村の自治基本条例づくりについて

自治基本条例とは、むらづくりの基本的なルールの事です。自分たちの村のことは、住んでいる人が一番よく分かるはず。だから、村民一人ひとりがむらづくりに参加し「自分たちのむらのことは、みんなで考え、話し合い、みんなの力で解決していく。」ことが大切です。自治基本条例にはむらづくりの基本となる考え方や、村民、議会、行政それぞれが、どんな役割を担い、どんな方法で地域課題に対応し、むらづくりを進めていくのかを定めた条例です。
では、なぜ自治基本条例が必要なのでしょうか、以前は日本中で誰もが満足できる暮らしをめざし、国による画一的なルールでむらづくりが行われていました。しかし、今後は地域を取り巻く環境の変化にともない、限られた財源の中で、地域の特性や個性などを盛り込んだ村民みんなが納得できるむらづくりをしていくことが重要です。そこで、村民が主役となって議会や行政と協働し、むらづくりを進めていく事を明確にするため、むらづくりの基本的なルールである自治基本条例が必要なのです。読谷村ではこれまでも住民自治を目指したいろいろな取組を行って参りました。
読谷村のむらづくりは、以前から総合計画、字別構想、各分野の基本計画策定に多くの村民が参加・参画をしています。また、行政懇談会、村民円卓会議や出前講座を実施し、村民の皆様に、村の現状や村政の取組などについて理解を深めてもらい、むらづくりの課題を共有していただくとともに村民の意見を村政へ反映させて参りました。今後も村民が主役となって議会や行政と協働し、むらづくりを進めていく事を明確にするため、むらづくりの基本的なルールである自治基本条例を整備していく必要があります。
読谷村では地域の特性や個性などを盛り込み、村民みんなが納得し、村民が主役となって議会や行政と協働し、むらづくりを進めていく事を明確にした自治基本条例の制定に取り組んでいます。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 Tel: 098-982-9205