2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

企画政策課

むらづくりの目標

基本理念

いちゅいゆんたんざ((勢いのある読谷))・創造・協働・感動

 【平和・環境】【文化・健康】【自立・共生】の理念を結び、村民自らが創造し、互いに協働し、そして、多くの潤いと喜びを享受し、感動できるむらづくりをとおして、さらに勢い増す読谷村を目指します。

基本目標

ゆたさある風水(フンシ) (マサ)肝心(チムグクル) 

()()(フク)文化(ハナ)(ドゥ) (ウム)(アワ)

ゆたさある風水(フンシ):素晴らしい環境

 サンゴ礁の海、緑濃い森林、そこから発する河川という恵まれた自然、この自然に抱かれた暮らしや活動の場という「素晴らしい環境」を表します。

(マサ)肝心(チムグクル):優しく秀でた心根

 争いのない平和な社会、地域福祉や男女共同等の共に生きる社会に向けて、教育や生涯学習、自治活動、社会貢献等をとおして育まれる「優しく秀でた心根」を表します。

咲き(サチ)(フク)文化(ハナ)(ドゥ):活力ある社会

 旺盛な芸能文化、独特な伝統工芸、魅力ある農漁商工、活発な観光・交流等が花開く「活力ある社会」を表し、「(ドゥ)」と添えて前二句共々目標となります。

(ウム)(アワ):心一つに

 ゆたさある風水(フンシ)(マサ)肝心(チムグクル)咲き(サチ)(フク)文化(ハナ)(ドゥ)、の三句を目標にして「心一つに」(して行こう)と結びます。

地域将来

本村はサンゴ礁の海と地形から東シナ海に飛び立たんとする「(おおとり)」に(かたど)られます。

人と自然を結び、共に生き、その調和力を未来へと繋ぎ、新たな時代へ向けて「()(ほう)」を地域将来像とします。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 Tel: 098-982-9205