2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

企画政策課

【特別企画展】チビチリガマから平和の祈りを~沖縄戦の実相を後世へ伝える~

 今年で戦後72年。

 現在チビチリガマは沖縄戦の実相を伝え「命の大切さを考える場所」として
本村の文化財に指定され遺族会をはじめ村全体で今日まで大切に守り
世代を繋いできた特別な場所となっています。

 しかし、2017年9月、チビチリガマの遺品や千羽鶴が損壊されるという
悲しい事件が起こりました。

 今回の事件を受け、本村では同じ過ちを二度と繰り返さないよう
チビチリガマの惨劇を語り継ぎ、平和を強く希求していくため、パネル展を開催いたします。

 私たちは、過去の悲惨な歴史や戦跡を風化させてはなりません。
 この機会に、今一度「平和」について考えてみませんか。

 多くの方のご来場をお待ちしております。

 【特別企画展】チビチリガマから平和の祈りを(チラシ).pdf

【日時】平成29年12月20日(水)~12月27日(水)16:00まで ※除く
【場所】読谷村役場1階 村民ホール
【お問合せ】読谷村役場企画政策課 TEL(098)982-9205

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 Tel: 098-982-9205