2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

企画政策課

戦後70年平和継承事業「屋良朝苗シンポジウム」のご案内

 本村出身である屋良朝苗氏は、「本土復帰の父」とも称され、
アメリカ施政権中は行政主席として、復帰後は戦後初の沖縄県知事として、陣頭指揮にあたりました。
その生涯をかけて沖縄社会の発展と沖縄住民の幸福や福祉の向上のために
大きく貢献した屋良朝苗氏の足跡をたどり、その功績を再確認し、
後世へ伝えていくことを目的に下記のとおり屋良朝苗シンポジウムを開催いたします。

 チラシはこちらyarachoubyou_symposium_A4.pdf

 公演、整理券配布につきましては以下のとおりとなります。

 〈公演について〉
 【日時】平成27年12月6日(日) 14時開場  14時半開演
 【場所】文化センター 鳳ホール
 【主催】読谷村  
 【共催】屋良朝苗顕彰事業推進期成会 株式会社琉球新報
 【入場料】無料 ※整理券を読谷村役場企画財政課にて配布しています。
         ※配布枚数に達し次第終了
  【出演者】 ・講演 
            石川元平氏(元沖縄県教職員組合委員長)
            山根安昇氏(元琉球新報社副社長)

        ・シンポジウム
            石川元平氏(元沖縄県教職員組合委員長)
            山根安昇氏(元琉球新報社副社長)
            新垣實氏(屋良朝苗顕彰事業推進期成会)

        ・コーディネーター
            糸数慶子氏(参議院議員)

 

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 Tel: 098-982-9205