2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

生活環境課

登録していない象牙を売ることは違法です!

象牙の登録

アフリカでは、象牙の採取を目的とした象の密猟や象牙の密輸があることから、

国際的に象牙の管理強化が求められています。そのため環境省では、登録制に

よって国内にある象牙の在庫の把握を進めています。

もし、登録せずに「売る、買う、譲る等」の行為を行った場合、

厳しい罰則が科せられます。

登録の対象となる象牙は?

○本物の象牙(プラスチック製や練り物等は対象外)

○全形を保持しているもの。

→いわゆる「牙」の形をしたもので、緩やかに弧を描き、根元から先端にかけて先細るといった一般的に

 象牙の形と認識できるもの。

○規制適用日前に取得されたもの

→アジアゾウ:昭和55年(1980)年11月4日以前に輸入されたもの。

→アフリカゾウ:平成2年(1990)年1月18日以前に輸入されたもの。

※印鑑、アクセサリー、置物等は対象外です。

登録を受けたら

全形を保持した象牙は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」により、

譲り渡し等(売る・買う・あげる・もらう・貸す・借りるなど)が禁止されます。

ただし登録を受けていれば登録票とともに譲り渡し等が可能になります。

詳しい情報・お問い合わせ

登録していない象牙を売ることは違法です!.pdf

象牙在庫把握キャンペーン事務局:03-6659-4660

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

生活環境課 Tel: 098-982-9214