2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

生活環境課

【墓地・火葬場関係】墓地基本計画のお知らせ

村民の皆様へ

読谷村墓地整備基本計画が策定されました

お墓イラスト

墓地の経営(設置)については、墓地の永続的な管理及び健全な経営を確保するため、原則として市町村等地方公共団体が行うこととされていますが、本県においては、他府県と異なる風習や公営墓地の不足から門中墓等個人墓が設置されています。

独特な風習のもと発達し、門中墓等親族で共同利用する墓と集落とは、一定の距離を保った場所に墓が集約され、生活と調和し利用されてきましたが、近年火葬の普及や墓地に対する意識の変化に伴い、現在の墓の設置については家族墓が中心となり、本村においても住宅に隣接して墓が設置され、無計画のまま墓地が散在化する結果となり、環境衛生・環境保全・景観上など様々な問題が生じています。

そのため、本村では、無秩序・無計画による墓のスプロール(散在化)の抑制を行うため、「読谷村墓地整備基本計画」を策定いたしました。本計画は、各自治会の意見を踏まえて、個人墓等の設置できる墓地区域を指定し墓地の集約化を図るとともに、墓地区域において墓地用地の取得が困難な村民に対しては、公営墓地を整備するとしております。

許可イラスト

墓を設置しようとする場合、村長の許可が必要ですが、今後読谷村では墓地整備基本計画で定めた墓地区域以外は墓の設置を許可しないとしています。

現在村には約3500基余墓が設置されていると思われます。最近は年間申請件数の約4割が村外の方となっております。村としてはこれ以上の墓の散在化を抑制するため、各字ごとに現在墓地が集団化されている地区を各字の意見を参考に今後も墓が設置できる墓地区域として選定しましたので、村民のご理解をお願いします。

なお、当計画は墓地区域指定によって墓地以外の建物を制限するものではありません。

また、村営の墓地については土地利用行政を円滑に進める上でかつ、村民要望も高いことから早急に区域を選定し整備に着手して要望に応えていきたいと考えています。

問い合わせ:読谷村役場健康環境課 982-9214 

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

生活環境課 Tel: 098-982-9214