2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

選挙管理委員会

選挙人名簿

選挙人名簿

 選挙の際に投票するには、選挙権を持っているだけでなく、選挙人名簿に登録されていることが必要です。 正しい選挙を円滑に行うために、この選挙人名簿は非常に大切な制度です。 (選挙人名簿は住民基本台帳に基づいて作成していますので、住所を移したら14日以内に転入届を出しましょう)
永久選挙人名簿登録者数(平成25年12月2日現在).pdf

被登録資格

 選挙人名簿に登録されるのは、読谷村に住所を持つ、年齢満18歳以上の日本国民で、住民票が作成された日(他の市区町村からの転入者は転入届をした日)から引き続き3ヶ月以上読谷村が作成する住民基本台帳に記録されている人です。

 

登録

 被登録資格をみたす人を、毎年3月、6月、9月、12月の2日に定期的に選挙人名簿に登録しています。 また選挙が行われる場合も、同様に選挙人名簿の登録処理を行っています。

 

登録の抹消

・死亡、または日本国籍を喪失したときは、ただちに抹消します。

・転出したときは、転出日から4ヶ月を経過したときに抹消します。 

・登録の際に、登録されるべき者でなかったとき、ただちに抹消します。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会 Tel: 098-982-9227