2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

選挙管理委員会

在外投票

在外投票

仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。

在外投票できるのは日本国籍を持つ満20歳以上で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を持っている人です。

在外選挙人名簿への登録には、現在の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)の管轄区域に引き続き3ヶ月以上住所を有していることが必要です。

登録の申請は在外公館の領事窓口で行います。

在外投票ができる選挙は、衆議院議員と参議院議員の選挙です。

在外投票には次の3つの方法があります。

 

1.在外公館投票

在外選挙人が在外公館等へ自ら出向いて、その場で投票する方法

2.郵便等投票

名簿登録地の市町村選挙管理委員会に投票用紙などの交付を請求し、郵送された投票用紙に、記入して、登録地の市町村選挙管理委員会へ郵送する方法

3.日本国内における投票

在外選挙人が選挙期間に一時帰国している時、帰国してまだ間がないため国内の選挙人名簿に登録されていないような時に国内の投票方法を利用して投票する方法

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会 Tel: 098-982-9227