2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

文化振興課

首里城火災復旧・復興のための支援金募金箱の設置

 読谷村役場と世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアムに、首里城火災復旧・復興のための支援金募金箱を設置しました。皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

趣旨

令和元年10月31日未明の首里城火災は、読谷村民をはじめ県内外に大きな衝撃を与えました。

 平成12(2000)年12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として首里城跡や座喜味城跡を含む9つの資産が世界遺産に登録されました。令和2(2020)年度には、登録20周年を迎えることから、各資産が連携する周年事業を予定している矢先のことでした。
 琉球の歴史や文化の象徴でもある首里城の復旧・復興を読谷村は支援いたします。

 皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いします。なお、集まった支援金については、沖縄県へ送金いたします。

設置期間

令和元年度11月11日(月)~12月26日(木)

設置場所

◆読谷村役場庁舎 指定金融機関窓口

 受付時間

 8:30~12:00 13:00~17:15 開庁日のみ

 問い合わせ先

 読谷村役場総務部総務課行政防災係 098-982-9201

◆世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 受付

 受付時間

 9:00~17:30 (水曜日休館)

 問い合わせ先

 読谷村教育委員会文化振興課 098-958-3141

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化振興課 Tel: 098-958-3141