2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

商工観光課

伝統工芸について

本村には伝統的工芸品として読谷山花織(ユンタンザハナウイ)・ヤチムン(焼物)があります。これらは14・15世紀頃南蛮貿易によって伝えられたといわれ、代々に引き継がれ今に生きている文化遺産であります。
これらは、芸術的文化的価値のみならず庶民性、産業性を合わせ持ち、地域を表現する顔として村有共有の財産といえます。読谷山花織の振興については、伝統工芸総合センターや、楚辺、座喜味、波平の地域工房を建設し、後継者の育成(後継者育成事業)を行っております。
ヤチムンでは、やちむんの里をはじめ村内に約50余りの窯元があり、県内有数のヤチムンの産地となりました。
村でも、読谷村陶芸研究所を開設し、ヤチムンを通して郷土学習・地域福祉・伝統工芸等の発展・後継者の育成など生涯学習の場として活用し、文化村づくりの更なる発展をめざしています。さらに、伝統工芸品を中心とした直売所として国道58号線沿いに読谷村共同販売センターがあります。

お問合せ先

読谷山花織

読谷山花織事業協同組合  ⇒ 花織体験実施中(pdf)
詳しくはこちら!!(pdf)

ヤチムン

やちむんの里
詳しくはこちら!!(pdf)

販売所

読谷村共同販売センター

商工観光課(電話 982-9216)

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

商工観光課 Tel: 098-982-9216

この記事の関連サイト

Yachimun/Glass

Hanaui/Bingata