2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

商工観光課

小規模企業対策

小規模企業(従業員20人以下、商業及びサービス業は5人以下)の多くは企業体質が弱く、近代化が遅れるなどいろいろな問題を抱えています。これらの小規模企業の問題解決のため、経営資質や情報等を補完する体制が整備され、また、それに伴う金融、税制上の助成措置がとられています。

経営改善普及事業

商工会においては経営指導員や記帳専任指導員・補助員が配置されています。
経営指導員は商工会の窓口で行う窓口指導あるいは講習会の開催など小規模企業の指導を行っています。指導内容は金融に関する相談、斡旋、税務申告や記帳に関すること、経営に関すること、労働に関すること、各種情報の提供などです。
読谷村商工会(電話956-4011)

共済制度

小規模企業者のための共済制度としては「小規模企業共済制度」があります。その他、「中小企業倒産防止共済」、「中小企業退職金共済」等が国の出資する各種事業団によって行われています。また、商工会では商工貯蓄共済制度も行っています。詳しいご相談は商工会まで。
読谷村商工会:(電話956-4011)

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

商工観光課 Tel: 098-982-9216