2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

読谷村診療所

院外処方せん発行のお知らせ

読谷村診療所では、平成21年5月1日(金)から"院外処方せん"を発行することとなりました

 これまで当院の薬剤師からお薬を受け取っておられた患者さまも"院外処方せん"に変わります。ご理解ご協力お願いいたします。

  • 処方せんを受け付けている薬局は「保険薬局」の看板が出ています。
    必ず処方せんを保険薬局へお持ちになり、お薬を受け取り、その代金をお支払下さい。
  • 院外処方せんの有効期限は、発効日を含め4日間です。4日以内に保険薬局へ持っていって下さい。
    (土曜、日曜、祝日も4日間の中に含まれます)
  • 保険証などが必要となることがあります。念のためご持参下さい。
  • お薬のお受け取りは、代理の方でも大丈夫です。

院外処方とはなんですか?

 院外処方とは、国の政策として厚生労働省が進める医薬分業の制度にともない行われるものです。具体的には、受診した病院では薬を受け取らず、医師が治療に使うお薬について記載した"院外処方せん"を発行し、院外の保険薬局(処方せんを受付する薬局)の薬剤師はその"院外処方せん"の内容が患者様に対して適性かどうか(お薬の分量・効能・飲み合わせなど)を確認してから、お薬を調剤し、個々の患者様にきめ細かなお薬の説明を行います。 このように、診療所の医師が処方し、保険薬局が調剤することで、よりよい医療を提供する制度を医薬分業といいます。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

読谷村診療所 Tel: 098-956-1151