2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

農業推進課

「新たな農業経営指標」の策定について

農林水産省は、幅広い農業者が自らの農業経営を客観的に評価するための指標を策定・公表しました。この指標は、農業者自らが経営改善に必要な取り組みの実施状況や経営データを確認することで、経営マインドの向上や経営内容の改善を促し、ひいては農業所得の向上等に資することを目的としています。多くの農業経営者の皆さまにご活用いただけるよう、お知らせします。
なお、「新たな農業経営指標」の詳細は、農林水産省のホームページをご覧下さい。

 

《指標の名称》

新たな農業経営指標

 

《指標の構成》

1.経営改善のためのチェックリスト

農業経営の発展に欠かせない経営管理、生産、販売・加工、財務、労務等に関する14の取り組みについて、農業者が自らの現在の取組状況を確認することで、確実な実践を促すことを狙いとするもの。

2.経営データの記入フォーム

農業経営の基本となる労働力、農地、生産・販売、財務のデータについて、税務申告書等を活用しながら自ら記入することで、経営の現状と目標とを数値で客観的に把握することを狙いとするもの。

3.指標による評価結果シート

「取組指標」、「技術指導」、「財務指標」の3つの指標により、現在の経営状況の評価を行い、経営発展の方向性と目標達成への道筋を明らかにすることを狙いとするもの。

 

《その他資料》

1.農業経営指標分析プログラム

新たな農業経営指標の「経営改善のためのチェックリスト」及び「経営データの記入フォーム」を入力すると、自動的に「指標による評価結果シート」が出力されます。

2.パンフレット

3.農業経営指標による自己チェックガイド

経営改善を実践する取り組みを補佐するための手引書です。

4.新たな農業経営指標の検討・普及メンバー

 

《参照先》

農林水産省経営局経営政策課
http://www.maff.go.jp/j/ninaite/shihyo.html

 

《用語解説》

「新たな農業経営指標」は、「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」(平成23年10月25日食と農林漁業の再生推進本部決定)において策定されることとされた「農業経営者を客観的に評価する指標」のことです。
今後、この資料をより良いものにするための検討や、より高度な経営内容にも対応した指標の策定を検討することとしています。

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

農業推進課 Tel: 098-982-9215