2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

農業推進課

認定農業者について

経営規模の拡大や集約化、複合化などによって経営を発展させていこうとする意欲ある農業経営者を支援します。

申請する計画の内容

  1. どんな作目、どのような規模を目指すか
  2. 生産方式をどう改善するか
  3. 経営管理、従事態様をどのように改善するか
  4. 具体的にどのようなアクションをおこすか

認定を受けるための要件

  1. 読谷村が定める「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」の経営指標に照らして適切であること
  2. 目標を達成することが確実であること
  3. 農用地の効率的・総合的な利用を図る内容となっていること

認定を受けた場合のメリット

  1. 農用地の利用集積の支援 (農業委員会が利用関係を調整)
  2. 農業生産法人出資育成事業 (県公社が法人に農用地の現物出資)
  3. 税制上の特例 (機械等の割増償却 一定以上の規模拡大すれば割増償却が可能)
  4. 融資面の配慮 (農林漁業金融公庫資金等の優先貸付)
  5. 研修等の実施 (農業経営改善のためのノウハウの蓄積)

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

農業推進課 Tel: 098-982-9215