2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

農業委員会

読谷村農業委員及び農地利用最適化推進委員の募集について

 

農業委員

農地利用最適化推進委員

推薦及び募集の定数

10

8

業務内容

 

①農業委員会総会への出席

②農地利用の最適化の推進に関する指針の作成、変更

③農地の権利移動の許可、農地利用集積計画の決定 他

 

①人・農地プランなど、地域農業者との話し合いを推進

②農地の出し手、受け手への働きかけ、農地利用の集積、集約化を推進

 

任期

平成29101日~平成32930

委嘱の日~農業委員の任期満了日

推薦及び募集の期間

平成29615日(木)~平成29714日(金)

 

提出場所

読谷村農業委員会へ直接提出又は郵送での受付(郵送の場合は、当日消印有効)

推薦書及び応募書については、村ホームページからダウンロードしていただくか、農業委員会窓口にて配布しております。

ダウンロードはこちらから ⇒  農業委員会委員候補者一般推薦書

農業委員会委員候補者団体推薦書

農業委員会委員候補者一般応募書

農地利用最適化推進委員候補者一般推薦書

農地利用最適化推進委員候補者団体推薦書

農地利用最適化推進委員候補者一般応募書

  

公選制から地域及び団体推薦・公募になります。

農業委員の選出方法は、これまでの公職選挙法に基づくものから、村長が議会の同意を得て任命する方法に変わりました。村長は任命に当たり、農業者等から候補者の推薦を求め、希望者を募集します。

定数の過半を原則として認定農業者等とします。中立な立場の者の任命

 農業委員の過半数が認定農業者等であることが求められます。また、農業者以外の者で、農業委員会の所掌事務に関して、利害関係のない者を1名以上含めることが必要となります。

女性や青年の積極的な登用促進

委員の年齢、性別等に著しい偏りが生じないように配慮することが求められています。

「農地利用最適化推進委員」が設置されます。

 農業委員会は、農地等の利用の最適化の推進に熱意と見識を有する者の中から、農地利用最適化推進委員を委嘱します。委嘱に当たり、区域ごとに農業者等から候補者の推薦を求め、希望者を募集します。

※農地利用最適化推進委員とは、農業委員と同じく、読谷村の「非常勤の特別職公務員」であり、農業委員と力を合わせて「農地等の利用の最適化の推進」のために活動します。

 

お問い合わせ 読谷村農業委員会 電話982-9222

 

この記事は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

農業委員会 Tel: 098-982-9222