2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

山芋スーブチャンピオン大会

 12月25日、第5回読谷村山芋スーブチャンピオン大会がJAおきなわ読谷集選果場で開催されました。この大会は、ヨミタン大学農学部の一環として催されており、毎年多くの方が参加しています。
 山芋スーブは、一株から収穫される山芋の総重量を競うもので、毎年12月頃には村内各地に「山芋スーブ」の立て看板がみられるなど、読谷村の冬の風物詩となっています。今大会には、各自治会で予選を勝ち抜いた162点の出品があり、赤山芋の部では佐久川政秀さん(古堅)が2連覇を達成しました。また、佐久川さんから栽培のアドバイスを受けた古堅南小学校から特別出展があるなど、新たな盛り上がりも見られました。

チャンピオン賞 佐久川政秀さん(古堅) 239.0kg(赤)
知花 邦夫さん(長浜) 189.1kg(白)
チュラカーギ賞 長浜 真吉さん(瀬名波) (赤)
新垣 真善さん(瀬名波) (白)
ジャンボ賞 嘉数 公守さん(喜名) 34.0kg(赤)
松田 安雄さん(喜名) 46.0kg(白)
団体賞 瀬名波自治会 739.7kg

第5回山芋スーブ(チャンピオン)第5回山芋スーブチャンピオン大会(団体賞)第5回山芋スーブチャンピオン大会(団体賞優勝)

この記事の関連サイト

Haru