2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

読谷村サッカー協会 U-12交流事業を実施

 7月29日~31日、佐賀県鳥栖市でのサガン鳥栖U-12ユースチームとの交流事業に村サッカー協会を代表し、小学6年生20名を含む総勢30名が参加しました。本事業は、毎年本村でキャンプを行っているJリーグサガン鳥栖の招待によるもので、交流試合、ホームステイ、バックヤードツアー、ホームゲームの観戦等を行いました。
 読谷村サッカー協会の玉城悟会長は、「3日間の貴重な体験をとおして子どもたちの大きな成長を感じた。今後もサッカーをとおした人材育成に努めたい。」と話しました。

読谷村サッカー協会 U-12交流事業を実施1 読谷村サッカー協会 U-12交流事業を実施2

この記事の関連サイト

Ashibi