2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

古堅南小学校で人権教室

 11月25日、古堅南小学校の2・3・4年生の児童を対象に、平成26年度人権教室が開催されました。
 「人権教室」は、法務大臣から委嘱された本村出身の人権擁護委員が子ども達に対して、感謝することの大切さやいじめの問題、命の大切さ、相手への思いやりといった人権尊重の精神を身につけてもらうことを目的として行う授業です。授業では、6名の人権擁護委員が、DVDの上映や弾き語りなどを行い、子ども達に分かりやすく人権について説明し、子ども達も真剣にお話を聞いていました。

人権教室 教室授業  人権教室 弾き語り

この記事の関連サイト

Yuntanza

Churasan