2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

平和の森球場がリニューアルされました

 昨年4月から行われていた平和の森球場の改装工事が終了し、12月22日(日)、こけら落としが行われ、村関係者や村内リトルリーグの子ども達が参加しました。
 リニューアルした球場は、電光掲示板の新設や内野スタンドがコンクリート席に変更になったほか、内野グラウンドの土が黒土へ変更になるなどより利用しやすい施設へと生まれ変わりました。
 石嶺村長は、「読谷村の子ども達の健やかな育ちの環境づくりをこれからも頑張ります。この球場で試合をして、日本一、世界一を目指してください。」と挨拶しました。
 リトルリーグの子ども達を代表して、読谷エルベスの主将の知花優雅さんは、「素敵な球場で試合をすると、プロの選手にも負けないプレーが出来そうです。」と挨拶しました。

平和の森球場こけら落とし

この記事の関連サイト

Yuntanza