2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

第17回読谷村婦人会 演芸のつどい

11月24日(日)、文化センター鳳ホールにて第17回読谷村婦人会演芸のつどい」が行われました。
演芸のつどいは、郷土の伝統芸能の良さを認識し、会員相互の親睦と団結をはかることを目的に2年に1度開催され、今年は17婦人会が出演しました。
読谷村婦人会会長の山内久美さんは、「この日のために、各字婦人会とも総力をあげて取り組んでまいりました。これまでの練習を通して得た各字会員のチームワークや婦人パワーを十分に感じ取っていただければ幸いです。」と挨拶しました。
昼夜2部構成となったプログラムでは、各字に伝わる伝統芸能のほか、フランダンス等も披露され、会場は大いに盛り上がりました。

第17回読谷村婦人会 演芸のつどい