2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

さとうきび畑歌碑ライトアップ~平和への祈りを込めて~

 6月15日(土)、16日(日)の2日間にわたり、昨年高志保地内に建立されたさとうきび畑の歌碑ライトアップが行われました。

 このイベントは、沖縄戦の悲しみを歌った「さとうきび畑」の歌碑建立意義の再認識、平和への祈りや不戦への誓いを次世代に受け継ぐ目的で開催され、初日のセレモニーでは、高志保子ども会の子どもたち22名が「さとうきび畑」の合唱をしました。また、昨年度の平和に関する図画・作文コンクールで村長賞を受賞した読谷中学校3年生の我如古美沙稀さんによる作文の読み上げも行われ、「私は戦争を知らない。だからこそ、戦争があったことを必ず伝えていこうと思う。」と平和・不戦への誓いを読み上げました。

 石嶺村長は、「平和の尊さを子ども達に伝えていく上で、この歌碑は重要です。この地に建立された意味をかみしめたい。」と挨拶しました。

 会場では歌碑ライトアップのほか、来場者が書いた平和メッセージを灯籠に巻き付け周辺道路に設置。訪れた多くの人々は、平和を願いながら歌碑やメッセージを見つめていました。

 さとうきび畑歌碑ライトアップ1   さとうきび畑歌碑ライトアップ2