2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

よみたん日記

都屋漁港に大型定置網船

 4月25日(木)、都屋漁港にて新造された大型定置網船「第八よみたん丸」の操業安全祈願式典が行われました。

 この定置網船は、一括交付金を活用して新造された船で、通常の操業のほかにも観光船としても活用するべく、モニターやトイレ等も設置されました。

 式典で読谷村漁業協同組合の比嘉松市組合長は、「老朽化が進んでいたよみたん丸が新しくなり大変嬉しく思います。漁師たちだけでなく、観光や子ども達の学習の場としても活用したい。」と挨拶しました。

 石嶺村長は、「新定置網船を漁業だけでなく観光の目玉として活用することで、地域の活性化が期待できる。」と挨拶しました。

大型定置網船安全祈願